読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日にありがとう

いろんな日がある。未来は、今の集大成。

名古屋港水族館へ行こう!

年間パスポートの残り日数もあとわずがになり、せっかくだからと水族館へ。

朝、10時頃到着。
駐車場の渋滞もなく、屋根付きの場所にスムーズに車を止めることができました。

チケット売り場も混雑しておらず、館内も普段の土曜日に比べたら空いている様子。

日によって、混雑具合にだいぶ差があります。

今日は、入ってすぐ左側のプールにシャチではなく、イルカがいました。

こちらは、入ってすぐ、いつもイルカ見られる水槽。

入り口近くで、イルカやアザラシ、ベルーガを見たあと、南館へ。

今、南館では、毒を持っていたり、触ると怪我をしたりする危険な生き物たちを集めた特別展「Dangerous Creatures(デンジャラス・クリーチャーズ)~海で出会う危険な生き物たち~」を開催しています。11月6日(日)まで。

ちょうど、職員の方が魚の餌を持ってやってきました。

餌は、なんと「海ぶどう」です。

入れるとすぐにパクパク食べはじめました。

この海ぶどう
水槽の残り水を使用して、水族館で栽培しているそうです。
残り水には、魚達の栄養分が残っており、それで育つのだそう。

表には現れない水族館で働く人達の努力や工夫が感じられます。

南館の珊瑚の海大水槽には、ドリーがたくさんいました。

映画が公開されているので、みんな「ドリーだ!」といって、喜んでみていました。
きれいな青色の魚です。

珊瑚の海大水槽の二階にあるカクレクマノミがいる小さめの水槽の中にもドリーがいました。

映画と一緒。
かわいいです。

ひと通りみたあと、最後に南館一階、磯の生き物とのふれあいコーナーへ。

今回は、ヒトデをたくさん触って遊びました。
ヒトデって、意外と硬いんですよね。
水の中で手のひらに乗せていると、そーっと、岩場の方へ歩いて逃げていきます。

水族館へ行ったら、ぜひ遊んでみてくださいね。

旅行なら楽天トラベル